ローンカードVSカードローン

ローンカード【銀行】

ローンカードって、一般的には銀行のカードに使います。消費者金融がカードローンというので、ちょっと似たような雰囲気ですよね。
ローンカードというのは、このカードで買い物をするのではなく、純粋にお金を借り入れするときに使うカードのことを指します。一般的に使用用途は自由ですが、個人向けの借り入れカードなので、自営業者の運転資金などに使うカードではありません。(ローンカードの中にまれにショッピングに利用できるものもある)

 

 

 

リボ払いのような一定の金額を返済するというパターンが多いのですが、まとまったお金の都合が付けば一気に返済することも可能です。
このカードは、消費者金融のカードと比べると持っている人は少ないかもしれません。
それは、銀行が消費者金融と比べるとどうしても審査が厳しいためです。ですから、公務員や上場企業、優良企業の正社員の人が持っていることが多いようです。
銀行の借り入れということで、審査は厳しいけれども、金利は低めですし、何しろ相手が銀行と言うこともあって怖いイメージがありません。とはいっても、ちゃんと返済しないとダメですけどね。
大手の銀行から、ネット銀行、セディナ、ジャックス、クレディセゾンなどのローンカードもあります。

カードローン【消費者金融】

消費者金融で借り入れをすることを、カードローンと言います。消費者金融は、借り入れ方法も返済方法も銀行と比べるとあらゆる方法があり、借り入れをするのにカードを発行しないというタイプのものまで存在します。ですから、消費者金融でカードローンというと、借り入れ全体を指すと思っておくといいでしょう。
いわゆる教育ローンや住宅ローン、カーローンのように何らかの目的のあるローンではなく、フリーローンということになります。
無担保で借りる個人向けのローンということになります。
消費者金融で借り入れをするときには、一般的にはこのフリーローンということになります。使い道は自由ではありますが、何かのきっかけで使い道について聞かれたときに、生活費やギャンブルと答えると審査に落ちる可能性が高くなります。仮に、そのような理由で借り入れをするという場合でも、決して言わないようにしましょう。

 

 

 

返済額については、残高スライドリボルビング方式が主流であり、毎月しっかり返済をしていれば返済途中でも限度額内では借り入れができることが多いようです。
しかし、これで借り入れ額そのものが全く減らないという人も多いので、注意が必要です。カードローンは大変都合よく便利なものであるけれど、考えて使うということが大切です。

どっちが審査に通りやすい?

ローンカードとカードローン、どちらもお金を借りるということは同じなのですが、審査の通りやすさにはかなりの差があると言います。
よく、消費者金融は審査に通りやすいけれど、銀行は難しいと言いますが、確かにその傾向はあります。
パートやアルバイトという人は、よほどの場合でないと銀行からの借り入れは難しいのです。
これは銀行によっても違いがありますが、ネット銀行であると中には専業主婦でも借り入れができるというところもあります。
ですから、パートやアルバイトの人は消費者金融で借り入れをすることが確実だと言われています。
銀行を考えているという人は、ネット銀行か大手銀行ですと少しは審査に通る可能性が高くなります。
しかし、消費者金融が審査に通りやすいととはいえ、誰でも通るというわけではありません。
年収やこれまでの借入や返済状況、支払いに延滞はないか、いろいろと調べられるのです。
いくら、年収が高かったり、世間的に羨ましがられる企業に勤めていたとしても、延滞などがあれば難しいでしょう。
平均的な年収で、有名と言われない企業に勤めていたとしても、延滞がないというような人の方が、印象は良くなります。
一般的に延滞の過去は5年間は信用情報に記載されますから、延滞は一度たりとも起こさないこれが鉄則と言えるでしょう。

 

おすすめの消費者金融をチェック!

 

どっちが金利低い?

借り入れをするときに気になるのが金利、これは当たり前のことです。
一般的には消費者金融の金利は高いと言われています。銀行の方が確かに金利が低いですね。その中でもネット系の銀行の金利はさらに低い。
やはり、金利という面では銀行に軍配が上がりそうではありますが、消費者金融にも金利という面でお得なことがあります。
それは、大手の消費者金融が導入している、はじめての人に限り30日間の金利が0円だったりというようなサービスがあります。
これは利用しない手はありません。しかし、はじめてなら誰でも利用できるというわけではなく、消費者金融にもよりますが、これを利用するには条件というものがあります。
条件と言っても、難しい条件ではない場合がほとんどです。
はじめてだけではありますが、すぐに返済する予定であれば、消費者金融の方が支払い利息が少なくて済むということも十分にあり得るのです。
30日以内に返済すれば、利息無しで借りられるのですからね。
長期に渡って返済となれば、確実に銀行(それもネット銀行だとなおのこと)が金利が低いことは確実です。
また、金利というのは借り入れ額が低いほど高い金利となり、借り入れ額が高いほど低い金利となります。

どっちがすぐに借りられる?

即日融資!今日中に借り入れをしたいというときに、どちらで借り入れをする方が確実に早く借り入れができるのでしょうか。
こちらは消費者金融の方が即日融資が確実です。と言いますか、消費者金融は即日融資を前面に打ち出していることが多いですよね。
しかし、即日融資といっても申し込みをする時間というものが関係しており、午後2時までとか3時までとかそれぞれの消費者金融で違いはありますが、規定?のようなものがあります。
では、銀行が何故時間が掛かるのか?ということになりますが、これは審査が厳しいためなのです。
それじゃ、銀行で借り入れをするのは無理なの?どこも遅いの?ということになりますが、ここでもネット銀行は別枠だと考えても大丈夫です。
こうなると、ネット銀行というところが、銀行と消費者金融の間にあるいいとこどりの銀行に思えて来るのですが・・・。専業主婦でも借り入れできるところもありますし。
これだけのことが何故できるのか?ということになりますが、これはやはり実際の店舗を持たないからというのは大きいでしょうね。無人契約機などもありませんし。
あらゆる経費を抑えているからこそ、金利が低い状態でありながら、割と審査にも通りやすいのです。

 

おすすめの消費者金融をチェック!